■《natsu*ろぐ》観光特急「海幸山幸」で南郷町の観光に行ってきたンゴ。

Pocket

 

おはようございナスス🍆

今週も無事にはじまりナシたね🍆

主婦ナツさんは約1か月のゲホゲホお風邪タイムだったのですが(はい?)、週末、念願の「海幸山幸」に乗ってきたのでレポするよ~bbbb

 

 

さてさて、この→海幸山幸なんですが、この存在を知った時からずーっと乗りたいなあなんて思ってたんだけど、

年子2人を抱えての公共交通機関は、ちょっとね不安があったんだよね~。

 

 

電車で旅に行くっていう事は勿論乗り物に合わせての移動になるから、子供の都合で動けないのが私にとっては苦痛っていうことと、

 

目的地でのバス移動は、子供のトイレを考えるとかなり不安だったんだよね(-_-;)

 

宮崎は田舎だからバスも1時間に一本だし、海幸山幸も1日1往復だから電車に乗り遅れるなんてことが許されないわけです(ゲッソリ)。

 

 

次女が年中に上がり和式トイレも使えるようになったので これ幸いと、今回漸く電車&路線バスの旅に出かけたよ~♪🚌

 

 

今回の順路は

 

●南宮崎駅→南郷町を 特急「海幸山幸」

●南郷町巡りを 1日乗り放題500円の路線バス「→日南めぐり号」

●港の駅めいつ

●水中観光船「マリンビューワーなんごう」

●道の駅なんごう

 

 

 

 

車社会に住むMIYAZAKI人にとって、電車での旅は本当にワクワクするよね~?←

 

主人は毎日電車通勤だからなんて事ないんだろうけど、娘と私は電車に乗れるのが凄く楽しみで、前日からオヤツを買い込んでワクワク♪←

 

主人にも「一番はしゃいでるのって、アナタだよね?(笑)。」と言われました(/ω\)

 

 

あ、ちなみに自宅から南宮崎駅までは車で行って、駅前の駐車場に停めた。

なにやら駐車券を駅の窓口に持って行くと割引してもらえるらしく、朝9時半~夜7時前まで停めてたけど、駐車料金は500円でしたb

 

 

 

■いざ!「海幸山幸」

 

 

さてさて、皆気になる「海幸山幸」の内部ですが~、自由席と指定席があるみたいでね、私たちは事前に指定席を購入してたみたい(主人が)。

私はてっきり全席予約の指定席かと思ってたんだけど、後ろの方には普通の電車みたいに立ち乗りしてる人もいて「え?普通に乗っていいんだ~(笑)。」と。

 

ただ、乗車券のほかに特急券が必要なので注意!

 

 

南宮崎から南郷までは約1時間半。

「1時間半って長ーい」って思ってたんだけど、観光名所案内の車内アナウンスも何度か入ったり、写真スポットでは電車を停めて写真撮影があったりして、あっという間に過ぎてったワイ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

宮崎の街並みを眺めながらペチャクチャお喋りしてたのはいいんだけど、

思いの外 電車が揺れて、乗車15分で私は車酔い状態(え?)。

 

 

というのもね、空調がガンガン効いてて、上着を脱いでも暑くてね、ほら分かる?

ああいう密閉密集した空間で暖房がガンガン効いてると、めちゃめちゃ気分悪くなりません?

 

 

電車内の空気が悪くて、色んな人の香水とか、車両独特の香りとかがムンムンして、おまけに揺れるし、めちゃめちゃ酔ったわ~(白目)。

 

 

主人にも「アナタが途中から黙ったから、気分悪いんだなってすぐ分かった(笑)」と言われました←

 

 

んでね、「え?窓開けて換気したら良くない?って思うでしょ?」

ノ~ノ~ノ~!

窓が開かない仕組みなのね~!←

 

 

だから次の駅に停車してドアが開くまでは、フレッシュな空気を吸うことが出来ませーん!←

結構これが辛かった~。

 

 

で、田舎の電車だから駅と駅の間がナガーイ(笑)。

なかなか停まらないから、気分悪~い(笑)。

 

ほんま辛かったわ~(笑)。

 

 

 

んー、でも電車内の作りは かなり快適だったよ🚃

 

 

手置きからテーブルが こんにちナス🍆 するし(はい?)、

 

 

 

トイレも洋式で広くてキレイだから、小さい子連れでも安心~♪

ベビーカーも余裕で入っちゃう広さだった!

 

 

 

 

トイレ内には小さい子を座らせておくベビーシートみたいなのもあったから、抱っこが必要な赤ちゃんを連れててもトイレに入れるのが◎。

 

ただ男女兼用でトイレは1つしかないから、催す前にお早めにどうぞ(笑)。

 

 

 

 

 

途中、客室乗務員による紙芝居の披露もあって、子供達は退屈せずに乗ってたよ~♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

色んな景色を眺めて、1時間半はあっという間に終了。

 

そして終着駅「南郷」で下車して、そこから「日南めぐり号」に乗り、「港の駅めいつ」を目指すことに。

 

 

 

 

■路線バス「日南めぐり号」で「港の駅 めいつ」を目指す

 

南郷駅の目の前のバス停から「日南めぐり号」に乗って、「港の駅めいつ」を目指した私達。
そこで昼食を摂ろうと考えていたんだけど、その考えはヒッジョーーーーに甘かった・・・・(白目)。

 

 

 

実を言うとまだ主人と結婚する前、この「港の駅めいつ」に来たことがあったんだけど、その時もレストランに入るまで結構待たされたんだよね~。

なんと言っても漁港に隣接するレストランだから、新鮮な食材を目指して、各地から人々が押し寄せてくるんだもんね~(-_-;)

んで、いやーーーーな予感はしていたけど、今回も例に倣って、私たちが着いた時には長蛇の列~。

だけど1時間後にはまた「日南めぐり号」に乗って「マリンビューワーなんごう」のある「日之御崎神社」を目指さないといけない・・・・。

 

ザっと、予約表をみた感じ2時間は待たされる雰囲気・・・・。

 

 「ここで待ってたら水中観光船に乗れないじゃないかYO!」となり、レストランでの食事は諦めて、隣にある直売所で昼食を買う事に。(´;ω;`)ウッ…

 

漁港の直売所なだけあって、新鮮なお刺身が沢山あって食べたかったんだけど、醤油がねぇYO!

 

ってことで、何故か「カルビ巻き」や「ちらし寿司」「ごぼう天」とか、新鮮なお魚と無縁なものを食べることに(白目)。

 

 

しかもお昼時で、巻物とかジャンジャン売れちゃってて、「昼食」となるものがあまりなく・・・。

 

パンとかは結構あったけど、、、、「え・・・?ここに来てパン・・・?」てなるやん(真顔)。

 

 「あ~あ・・・・。伊勢海老定食とか食べたかったぁ😢」とかボヤキながら、まあ小腹は満たしたし、水中観光船目指して、いざシュッパーツ!

 

 

■「日之御崎神社前」で下車して「マリンビューワーなんごう」に乗る

 

ひゃっほーい!やっと来たぜぇーい!

 

水中観光船だぜーい!ひゃっほ~♪

 

 と浮かれながら、バス停・日之御崎神社 降りてすぐのところにあるチケット売り場でチケットを購入したワイ。

 

 

 

んーもうねぇ、ここの「家族経営感」がすげぇ~の。

 

なんて言ったって、店舗内を孫が 幼い孫がウロウロしてんの。←

 

 おばあちゃんが「は~い♪いらっしゃいませぇ~♪」とかいって、孫がキャッキャ言いながら室内をウロついて、ジィチャンが「あ~!それはどこから持ってきたのぉー?」とか孫に尋ねてて、もう家族経営感すげぇ。

 

 ガチの田舎の家族経営感←

 

 

↓ ウロつく孫←

 

↓ テレビを見てる「おばあちゃん」

 

 

 

日曜なのに、お客さんが居なくて「え?大丈夫なん?」て思ってたけど、あとからゾロゾロ観光客らしき人がやってきたワイ。

 

あらかじめ電話して、予約とか出来ないか聞いたけど、予約は必要ないっぽかった。

 

なるほど納得。←

 

 観光船の中にはトイレがないから、この待機所でトイレを済ませて行くしかないので、子持ちはちょっとヒヤヒヤするかな?

 

ちなみにトイレは、ちゃーんと洋式だったよ(重要ポイント)。

 

 女性用洋式が2つ、男女兼用洋式が1つ、あと男性トイレがあった。

 

■いざ!水中観光

 

 

さてさて、規模もかなり小さいので、優雅なクルージングとは言えないけれど(こら)、幼児をキャッキャ言わすには充分です(おい)。

 

 

目的地に着くまでは船上の座席に座って、島の観光案内を受けてクルージング~♪

 

造船所や近隣の施設の説明、防波堤や、島の名前とか、いろいろ教えてもらえるヨーイ←

 

この日は、私の日頃の行いが良いせいか天候にも恵まれて、水中観光もかなり楽しめたヨーイ。←

 

 

 

 

目的ポイントに着くと、船の下に降りるように案内されてね~。
んもー、海の中って本当に神秘的だわ~🐡

 

 子供達は大喜び~。

 

隣にいたイチャコラしてて いけ好かないカップルも大喜び~。地獄に落ちろ~。

 

 

んでね、水中観光が出来るのは本当にわずかな時間でね、主に船上で過ごすと思っててください。

 

 というのも、船が動いてる間は、船の下の部分に居てもね、泡しか見えないのよね~。

 

まあ、船の下に居てもいいんだけど、船の上に居て、外の景色を眺めてる方が断然楽しい~。

 

子供達は何度も主人と降りてたけど(笑)。

 

で、水中観光が終わると、船の上に上がるように指示されて、今度は鳥の餌付けが見られるYO!

 

 何の鳥だったかなー、めちゃめちゃ迫力ある鳥だったんだけど(-_-;)

 

しかも頭が凄く良くってね~、餌付け終わるじゃん?

 

スタッフが手でバッテンマークを作って「終わりー!終わりー!」って叫ぶと、ピュ~って帰っていくの!

 

凄くね?!(笑)。

 

 水中観光っていうか、それに一番感動したわ~(笑)。

 

んで、餌付けが終わると、そのまま港に帰っていくんだけど、「45分てこんなに短いのかあ」とシミジミしたわい。。。。←

 

 

 んで、港に戻ってね、「あとはバスに乗って南郷駅まで帰るかあ」と思ってたらね、

 

 そこのおばあちゃんがね「道の駅なんごうには行かれました?」とか言ってきて(こら)。

 

 

 「まだ行ってないんですけどね~。もう次のバスまで30分ぐらいかなあ・・・?時間がないかなあ~って。」と返した瞬間

 

「あっ!あのバスあのバス!あのバスに乗れば間に合う!」とか指さしてきて「え?!は!?え?乗るの?!乗る?!えええーーー!待ってーー!バス待ってー!www」

 

とか言って、急遽「道の駅なんごう」にも向かう事にwwwww

 

子供達はすっかりブレイクタイム←で、お菓子とか広げてたんだけど(笑)、

 

「あのバスだって!あのバス!はい!急いで!!!あーーーー!バス待ってーーー!!!!ww」とか叫びながら、店を飛び出して、なんとかバスに乗り込むwwwwww

 

 ■道の駅なんごう

 

 

 まさか展開に戸惑いを隠せない主婦natsu*さんだったけど←、

 

 そこからバスに4分ほど揺られて、「道の駅なんごう」に到着。

 

滞在可能時間は約20分なんだけど、「道の駅なんごう」の滞在時間は20分で充分でしたwwww

 

8畳ぐらいの小さなプレハブ売店と、レストランがあるのみで、これといって特に・・・・(こら。)。

 

 たった20分だったけど、トイレ休憩もして、売店もプラーっとみて、記念写真を撮って終了(早っ)。

 

わざわざココを目指す程のものではありませんでした(こらこら。)。

 

そして「道の駅なんごう」から「南郷駅」まで バス「日南めぐり号」に揺られて10分ほど小休憩。

 

 南郷駅から特急「海幸山幸」に乗って、南宮崎まで帰ってきましたとさ。

 

 

 

■まとめ

 

今回の旅は日帰りでね、特急「海幸山幸」と バス「日南めぐり号」は連動してダイヤ組んであるみたいだから、無駄が無くって凄く良かった~。

 

ただ田舎のバスなので、乗り遅れたら大変ってのはあるんだけど、幼児2人連れてでも充分楽しめたのが本当に良かったです(*’ω’*)

 

ただ大人が楽しむっていう点では、ちょっと物足りないかなあ(笑)。

 

 ゆる~り田舎デートが好きな人にはオススメですが(笑)。

 

最後駆け足になってしまったけど、今回やっとこさ念願の海幸山幸に乗れて大満足でした~♪

また宮崎の事をひとつ知れたワイ。

 

 

 

それじゃあ今回はこのへんで。

し~ゆ~♪

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

投稿者: natsu*

natsu* 女の子2人のママ。 ▽趣味・・・DIYとガーデニング、読書、ネットサーフィン。 ▼好きな飲み物・・・炭酸水 ▽好きな食べ物・・・砂肝 ▽好きなドラマ・・・医療ドラマ