■《ダイエット》なぜ女性は下半身太りが多いの?下半身デブの原因とは?

Pocket

 

 

 

 

 

 

どももー。下半身デ部所属・natsu*です。←

今回は日本人に多い下半身デブのメカニズムについて、ちょいと記録しておくわねー。

 

男性に比べて女性って本当に下半身デブが多くない?

しかもお尻の形もさー、四角だよね?え?私だけ?←

 

 

ここでいう下半身とは、お臍から下を指すことにするわね!

具体的には、お尻、太もも、ふくらはぎ、足首。

お腹は上半身に分類するから、そのつもりで読み進めてちょうだいね~。

 

 

 

 

ファンケルの大人のカロリミット

■なぜ下半身デブになるの?

 

それはズバリ、下半身と上半身とではメカニズムが違うから。

まずは下半身デブの原因を解説することにするわね!

 

 

■下半身は上半身の6倍も脂肪をため込んでいる!

 

皮膚のすぐ下には平均300億~400億もの脂肪細胞があって、その脂肪細胞の中には脂肪が詰め込まれているのね。

で、脂肪っていうのは常に分解して新しいものと入れ替わってんだけど、運び込まれる脂肪が多すぎたり、運び出される脂肪が少ないと、太っちゃうの。

 

脂肪細胞の表面には、脂肪の貯蔵と放出をコントロールするレセプター(受容体)がついてんだけど、

女性が下半身デブになりやすいのは、このレセプターが、下半身に集中してるからなのよね。

 

で、脂肪放出レセプター1個につき、脂肪貯蔵レセプターは6個もあると言われててね、

上半身はその逆で、脂肪貯蔵レセプター1個に対して、脂肪放出レセプターが6個あると言われてるの。

 

つまり、下半身は上半身に比べて6倍も太りやすいってこと。

 

 

■下半身デブの主な原因はセルライトだった!で、セルライトってなに?

 

セルライトっていうのは、太ももやお尻周りの皮下脂肪組織が

まるでスポンジのようにグングン脂肪、水分、老廃物をため込んで、肥大したもののこと。

 

セルライトの主成分は、ほぼ脂肪なんだけど、これが普通の脂肪組織と違ってね、

身体のいくつかの器官が上手く働かなくって、ダメージを受けた脂肪組織なのね。

 

で、セルライトっつーのは皮膚の下の脂肪組織に作られるから、痩せてる人にもあるものなの。

女性は下半身に皮下脂肪をため込みやすいから、セルライトも出来やすくなるし、下半身デブが多いのよね~。

 

よく下半身デブは安産だとか言わない?←

私も今まで何度も「安産体型だね^^」とか言われてたけど、

今考えたらそれって全然ほめてなくね?(真顔)

 

 

■脂肪とセルライトの違い

 

(セルライト)

●女性が出来やすい

●痩せている人にもある

●おなか、お尻、太もも中心

●表皮に近い部分に出来る

●運動や食事制限では小さくならないし、減らない

●セルライトがあると、血行不良、浮腫みが促進される。

 

 

 

 

(脂肪)

●性別関係なし

●体脂肪率が高い人につく

●全身につく

●皮下と内臓の回りに付きやすい

●運動や食事制限で落とせる

●食べ過ぎ運動不足などで簡単に蓄積されていく。

 

 

朝活酵素

 

 

■まずは自分の下半身のセルライトレベルをチェック!

 

(チェックの仕方)

→気になるところを親指と人差し指でつまむ。

 

 

 

【レベル1】外見的にはほとんど目立たないが、所どころプチプチしてる

浮腫みやすく、知らないうちにアザが出来てたら要注意。

 

【レベル2】手で押さえるとデコボコする

ちょっとぶつけただけで内出血したり、アザが出来る。また皮膚の表面に色むらがある。つまんで押さえると痛い。

 

【レベル3】皮膚表面がデコボコ

まるでオレンジの皮の様なので、「オレンジピール・スキン」と呼ばれている状態。酵素、栄養不足の状態で、皮膚の細胞やコラーゲンを作る細胞が正常に機能していない。結果、肌のハリツヤも失われることになる。

 

【レベル4】皮膚が波打っており、触るとヒンヤリする

「マットレス・スキン」と呼ばれる。このレベルになると、老廃物や毒素の排出が滞り、血管などに損傷を与える。

 

【レベル5】皮膚を触ると一部だけ熱く感じる部位がある「ヒートアイランド」

ここまでくると専門家の助けが必要になる。血液は混乱したセルライト部分を避け、組織の外側を迂回するようになる。

 

【レベル6】皮膚がハチの巣のようになる

もはや自宅ケアでは改善不可。今すぐ医者にいけ。

 

 

 

 

■どうしてセルライトが出来るの?

 

 

セルライトは脂肪組織のダメージによって出来るんだけど、その主要因は以下3つ。

 

①微小循環の障害

②静脈の障害

③リンパ排液の障害

 

 

 

まずは①の「微小循環の障害」についてなんだけど、

酸素や栄養は、血液に乗って大動脈から枝分かれしながら、より細い毛細血管まで運ばれるわよね?

で、毛細血管まで到達すると、そこで酸素や栄養素を放出するわよね?

こういう流れのことを「微小循環」というの。

 

で、ここでトラブルなんかが起きちゃうと、細胞の活動に必要な酸素や栄養素がきちんと運ばれなくなっちゃって、細胞にが飢えちゃう。そして老廃物や毒素が取り除かれないまま、組織内に溜まっていくのね。

その結果、細胞がダメージを受けて、新しい細胞を作りだすことにも支障が出てくるってわけ。

 

脂肪細胞っていうのは、細くて柔軟性のある少量の線維組織に支えられてるんだけど、上記のようなトラブルが起こると、急激に大量の縄のような太い繊維を作っちゃうの。

これが脂肪細胞を包み込んで、あのセルライトの代名詞「デコボコ構造」を生み出しちゃうってわけ。

 

そしてそれによって更に組織内の血行が悪くなって、脂肪もそのまま雁字搦めの線維ないで肥大化してくの。

怖いわあ・・・。

 

 

次に2つめの「静脈の障害」についてなんだけど、

静脈っていうのは基本的に重力に逆らって流れてるからトラブルが起きやすいんだけどね、トラブルが起こると、血液は体の一番下側の脚に溜まっていくことになるわよね?

これが長時間続いちゃうと、老廃物や毒素は静脈内に留まる。そして有害物質が静脈壁にダメージを与えて、静脈血が漏れやすくなっちゃうのね。つまり、血液中の水分が組織に出て溜まって、浮腫みになっちゃうのよね。

 

 

そして3つめの「リンパ排液の障害」について。

私たちの身体には血管とリンパ管が張り巡らされてるのは知ってるわよね?

よくリンパの流れが~とか、老廃物を流して~とか、言うじゃない?

 

でね、リンパ管っていうのは私たちの生活の中に例えるなら、そうね、下水道のようなもので、

組織の余分な水分や老廃物を回収してくれてるんだけど、これが上手くいかないと組織内に不必要な物質が溢れちゃうのよね~。

 

リンパ管っていうのは壊れやすくてね、リンパ管の流れが上手くいかないと、組織の中に毒素が沢山溜まって浮腫みが生じるの。

 

上記のようにリンパの流れが滞ってくると、リンパ液の中に入っているタンパク質が分離してジェル状になり、太い線維を形成。リンパ液はドロドロになって、ますます流れが悪くなるの。

この高タンパク質の線維が①の微小循環の障害によって生じる太い線維の芯になって、ますますセルライトの出来やすい状態になるってわけ。

 

 

 

カロリナ

 

 

 

 

どうだったかしら?

下半身デブやセルライトの事について、少しは理解してくれたかしら???

 

ほんと下半身デ部所属なんて、、、女として、、、どうなのかしらね・・・。←

 

私も子供の頃からずーーっと下半身デ部で、

なんとか退部したいと思ってるんだけど、なかなか難しいのよね。

 

体重が落ちても下半身デブを卒業するのはなかなか・・・。

でもめげない!私もいつか下半身デ部を絶対に退部してやるんだから!!!←

 

下半身デ部退部のその日まで、どうか私のこのブログにお付き合いくださいね!←

 

 

 

↓関連記事↓

私が3カ月で-8キロを達成し、デ部を卒業した方法とは?53.5キロ→45キロ

 

 

 

りたん

 

 

【ホームに戻る】

スポンサーリンク

投稿者: natsu*

natsu* 女の子2人のママ。 ▽趣味・・・DIYとガーデニング、読書、ネットサーフィン。 ▼好きな飲み物・・・炭酸水 ▽好きな食べ物・・・砂肝 ▽好きなドラマ・・・医療ドラマ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です