■《ガーデニングの基本①》基本の用土って?

Pocket

 

 

このページでは現在市販されているガーデニングの基本用土について詳しく解説するわ!

きっとガーデニング初心者の人は殆ど慣れるまでは

既にブレンド済の培養土を使うと思うから、参考程度に見てちょうだいね!

 

 

 

■赤玉土(あかだまつち)

 

もっとも多く使われている用土で、サイズも大粒、中粒、小粒があるわ。

排水性・保水性もよく、粒度が崩れにくい硬質のものを用意してね。

 

 

■荒木田土(あらきだつち)

 

保水性に富む粘土質の用土。

特に水分を好み、乾燥に弱い草花を植えると◎。

単用すると固まって通気性を失うので、改良用土が必要よ。

 

 

■黒土(くろつち)

粒度が細かく、肥料分を含みやすいわ。

腐葉土や燻炭などの改良用土を加える事によって通気性を高めるわ。

アサガオの培養土として有名よ。

 

 

■鹿沼土(かぬまつち)

 

サツキ用土として古くから利用されている酸性土

単品として市販されているけど、粒度の大きさが不揃いなので

必ずふるいにかけて使ってね!

 

 

■桐生砂(きりゅうずな)

 

風化が進んだ赤褐色の砂礫で、鉄分を多く含むのが特徴よ。

通気性と保水性に富み、東洋ランや山野草、オモトなどの用土として多用されているわ。

 

 

■富士砂(ふじずな)

 

富士山の周辺から産出する黒くて重い火山砂礫よ。

通気性に富むので、高山性の山野草の基本用土にすることが多いわ。

また、改良用土として使うこともあるの。

 

 

■軽石

 

火山性の多孔質の砂礫。

洋ランや山野草の植え付け用土にすることが多いわ。

排水性が高いので、バークチップなどを配合することもあるのよ。

 

 

■水ゴケ

 

軽くて無菌よ。

水を含ませると約10倍の重さになるわ(驚

単用で観葉植物や洋ランを植え付けることが多いの。

 

 

 

 

 

ベースとなる【基本用土】に【改良用土】を組み合わせ

それぞれの植物の性質に適した培養土を作ってちょうだいね!

 

 

 

 

【ガーデニングの基本 へ戻る】

【ホームへ戻る】

 

 

 

投稿者: natsu*

natsu* 女の子2人のママ。 ▽趣味・・・DIYとガーデニング、読書、ネットサーフィン。 ▼好きな飲み物・・・炭酸水 ▽好きな食べ物・・・砂肝 ▽好きなドラマ・・・医療ドラマ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です